アメリカの洗濯習慣を好まない家

アメリカの家というのは、本当に実用的にできていない、機能的にできていないという人は多いでしょう。

特に、アパートに住む人は、配管設備が整っていないので、共同洗濯所で服などを洗濯して、乾燥させるという行程まで終わらせなければいけないのです。

ちなみに、アメリカのある州ではなく、アメリカ全土で禁止されていること、それが、洗濯したものを家の外に干すということです。

ですから、常に乾燥機を使って洗濯を乾かさなければいけません。

ちゃんとした除菌もできなければ、きちんと服を乾かすこともできないので、これは非常に非効率、非経済的であり、アメリカに越してきた海外からの移住者(例えば日本やメキシコなどの外干しが習慣な国民)にとっては、納得しがたい習慣です。

そういったことを好まないのであれば、人目がつかない場所に物件を購入すれば(隣が平屋で自宅が2階建てでもOK)、天日干しができるので、そういった物件を見つけると良いでしょう。もちろん日本で建てる輸入住宅にはそんな心配は全くいりませんよ。